シティズンデータサイエンスラボ

「データサイエンスをみんなの手に。」を目標に掲げるデータビークルのオウンドメディア。「シティズンデータサイエンス」とは、統計学の専門家ではない一般の人々が、ツールを活用して手軽にデータを活用すること。豊富な実践事例や読み物で、データ分析の世界をより身近なものにします。

陳腐化しない「業務知識」と「業種知識」は営業パーソンの武器になる

西内啓の対談シリーズ、新章突入!みなさんのデータ分析にまつわる悩みを解決する弊社こと「データビークル」の魅力に迫るインタビューシリーズスタートです。今回登場する…

企業の意思決定のスピードをさらに加速するデータビークルの新製品「dataDiver TriA」オンライン発表会を開催しま…

2020年6月、データビークルは新商品「dataDiver TriA」(データダイバー トライア)を発表しました。dataDiverがこれまでご提供してまいりました「日本語によるわかりやす…

「ベスト」ではなく「ベター」な意思決定をするためにデータがある / note株式会社 加藤貞顕氏×西内啓対談 Vol.3

西内啓の対談シリーズ。「note株式会社」加藤貞顕さんの第3回目です。誰もが新型コロナウイルスと共生しなければならないウィズコロナ時代、カギになるのはデジタルトラン…

数学の基礎知識を社内で共有し、コミュニケーションロスを減らす / note株式会社 加藤貞顕氏×西内啓対談 Vol.2

西内啓の対談シリーズ。「note株式会社」加藤貞顕さんの第2回目です。データドリブンな取り組みができる組織を作るにはどうすればよいか、データを活用した経営で重要な、…

創業の背景にあった「PV至上主義への違和感」/ note 加藤貞顕氏×西内啓対談 Vol.1

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンスの現実について語り合う対談シリーズ。あらゆるクリエイターの活動を支援する…

みんなによく手を洗ってもらうためにはどうすればいいのか?行動科学とデータ分析から考えてみた(第4回)

前回、皆さまから実際に得られたデータを分析した結果、「みんなにもっとマメに手を洗ってもらう」という目的を達成する上で以下のような方向性が見えてきました。 1)自…