マガジンのカバー画像

市民データサイエンスの現場を訪ねて

30
データビークルの最高製品責任者であり統計家の西内啓がデータ活用で成果をあげている企業・組織のキーパーソンの方とデータサイエンスの現実について語り合う対談シリーズ。
運営しているクリエイター

#データサイエンス

「データ活用で新しいモビリティインフラへ」Mobility Technologies 川鍋一朗氏×西内…

西内啓の対談シリーズ。「Mobility Technologies」川鍋一朗さんの第2回目です。タクシー業界と…

「経験と勘」のタクシー営業がデジタルにシフトした Mobility Technologies 川鍋一朗…

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンス…

「データ活用人材に必要なのは人への興味」北の達人 木下勝寿氏×西内啓対談 Vol…

西内啓の対談シリーズ。「北の達人」木下勝寿さんの第3回目です。「Webが登場して以来、マーケ…

「ECはデータを使えば確実に勝てる」北の達人 木下勝寿氏×西内啓対談 Vol.1

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンス…

「データに基づいて誰もが意思決定できるように、ビジネスの範囲を絞った」北の達人 …

西内啓の対談シリーズ。「北の達人」木下勝寿さんの第2回目です。データを活用して、社員の誰…

データ活用で採用を「見える化」するソフトバンクの人事部門 <源田泰之さん vol…

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンス…

データ分析できる社員なくして採用活動はできない<源田泰之さん vol.2>

西内啓の対談シリーズ。「ソフトバンク」源田泰之さんの第2回目です。ソフトバンクではデータを活用した採用選考をいち早く開始。源田さんは「データ分析できる社員なくして採用活動はできない」と言います。(前の記事はこちらから) シティズンデータサイエンスラボは「データサイエンスを全ての人に」を掲げる株式会社データビークル(https://www.dtvcl.com/)が運営する公式noteです。 社員の最適なキャリアを叶えるためにデータを活用 西内 最近のSPIは認知機能だけで

スキ
12

誰が何に向いているかの定義は、時代によって変化する<源田泰之さん vol.3>

西内啓の対談シリーズ。「ソフトバンク」源田泰之さんの第3回目です。ソフトバンクでは一次面…

「ベスト」ではなく「ベター」な意思決定をするためにデータがある / note株式会社 加…

西内啓の対談シリーズ。「note株式会社」加藤貞顕さんの第3回目です。誰もが新型コロナウイル…

数学の基礎知識を社内で共有し、コミュニケーションロスを減らす / note株式会社 加藤…

西内啓の対談シリーズ。「note株式会社」加藤貞顕さんの第2回目です。データドリブンな取り組…

創業の背景にあった「PV至上主義への違和感」/ note 加藤貞顕氏×西内啓対談…

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンス…

「AIカメラでファクトベースでのマーケティングを実現」サツドラホールディングス富山…

西内啓の対談シリーズ。「サツドラホールディングス」富山浩樹さんの第3回目です。AI開発も手…

「データを見て迷宮入りするときは"何がどうなったら嬉しいか"を先に決める 」サツド…

西内啓の対談シリーズ。「サツドラホールディングス」富山浩樹さんの第2回目です。多くの企業…

「顧客データは大きな資産だという価値に気づき立ち上げた『エゾカ』」サツドラホールディングス富山浩樹氏×西内啓対談 Vol.1

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンスの現実について語り合う対談シリーズ。今回はデータに基づくドラッグストア経営や共通ポイントカード『エゾカ』を提供する「サツドラホールディングス株式会社」代表取締役社長の富山浩樹さんにお話をうかがいました。第1回目は、「データの価値と活用方法」について迫ります。 シティズンデータサイエンスラボは「データサイエンスを全ての人に」を掲げる株式会社データビークル(https://www.dtvcl

スキ
19