マガジンのカバー画像

市民データサイエンスの現場を訪ねて

30
データビークルの最高製品責任者であり統計家の西内啓がデータ活用で成果をあげている企業・組織のキーパーソンの方とデータサイエンスの現実について語り合う対談シリーズ。
運営しているクリエイター

#データ分析

「ベスト」ではなく「ベター」な意思決定をするためにデータがある / note株式会社 加…

西内啓の対談シリーズ。「note株式会社」加藤貞顕さんの第3回目です。誰もが新型コロナウイル…

数学の基礎知識を社内で共有し、コミュニケーションロスを減らす / note株式会社 加藤…

西内啓の対談シリーズ。「note株式会社」加藤貞顕さんの第2回目です。データドリブンな取り組…

創業の背景にあった「PV至上主義への違和感」/ note 加藤貞顕氏×西内啓対談…

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンス…

「AIカメラでファクトベースでのマーケティングを実現」サツドラホールディングス富山…

西内啓の対談シリーズ。「サツドラホールディングス」富山浩樹さんの第3回目です。AI開発も手…

「データを見て迷宮入りするときは"何がどうなったら嬉しいか"を先に決める 」サツド…

西内啓の対談シリーズ。「サツドラホールディングス」富山浩樹さんの第2回目です。多くの企業…

「顧客データは大きな資産だという価値に気づき立ち上げた『エゾカ』」サツドラホール…

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンス…

「意思決定者が皆データを扱えるからデータ経営の文化が根づいた」ワークマン 土屋哲雄氏×西内啓対談 Vol.3

西内啓の対談シリーズ。「ワークマン」土屋哲雄さん、長谷川誠さんの第3回目です。6年前からデータ経営にシフトしたワークマンでは、社長をはじめとする意思決定者は皆データを扱うことに長けているそうです。そうした土壌に、徹底したデータ活用という文化が名付いているようです。 シティズンデータサイエンスラボは「データサイエンスを全ての人に」を掲げる株式会社データビークル(https://www.dtvcl.com/)が運営する公式noteです。 値引きはせず欠品を抑えてロングテールで

スキ
24

「データをもとにした出店予測や販促が経営のムダをそぎ落とす」ワークマン 土屋哲雄…

西内啓の対談シリーズ。「ワークマン」土屋哲雄さん、長谷川誠さんの第2回目です。ワークマン…

「データ経営でブルーオーシャンから新業態に漕ぎ出す」ワークマン 土屋哲雄氏×西内…

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンス…

「データマネジメントのレベルを上げて、正しい情報を正しい人へ届ける」シンフォニー…

西内啓の対談シリーズ。シンフォニーマーケティング株式会社 庭山一郎さんの第3回目です。前…

「BtoBマーケに必要なのは、統計の"知識"と"センス"」シンフォニーマーケティング 庭…

西内啓の対談シリーズ。シンフォニーマーケティング株式会社 庭山一郎さんの第2回目です。アメ…

「100億円以上の製品も、ロジカルに説明できれば売れる」シンフォニーマーケティング …

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンス…

「メーカーや卸売業も一体となったデータ活用で付加価値をあげていく」トライアルカン…

西内啓の対談シリーズ。トライアルカンパニー 西川晋二さんの第2回目です。西川さんは小売業に…

「数字で物ごとを判断しようというDNAがトライアルにはある」トライアルカンパニー 西川晋二氏×西内啓対談 Vol.1

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンスの現実について語り合う対談シリーズ。今回は九州エリアを中心に「スーパーセンター」を展開する小売業トライアルカンパニーグループCIOの西川晋二さんです。ダブレットカートや電子棚札などを用い、スマートストア化を推進する、同社のデータ活用についてお話を聞きました。 シティズンデータサイエンスラボは「データサイエンスを全ての人に」を掲げる株式会社データビークル(https://www.dtvcl

スキ
7